藤田東湖 『正気(せいき)の歌』

『正気の歌』 (正式名:『文天弔寮弓羃里墨造后)

作者/藤田東湖(*注1)

天地正大の氣、粹然(すいぜん)として神州に鍾(あつま)る。
秀でては、不二(ふじ)の嶽(がく)となり、巍巍(ぎぎ)として千秋に聳(そび)え、
注ぎては、大瀛(だいえい)の水となり、洋洋として八洲を環(めぐ)る。
発しては、萬朶(まんだ)の櫻となり、衆芳(しゅうほう)與(とも)に儔(たぐい)ひし難し。
凝(こ)りては、百錬の鐵となり、鋭利なること鍪(ぼう)を断つべし。
盡臣(じんしん)皆(みな)熊羆(ゆうひ)、武夫、盡(ことごと)く好仇(こうきゅう)。
箪、孰(たれ)か君臨す。萬古、天皇を仰(あお)ぐ。
皇風は六合(りくがふ)に洽(あまね)く、明徳は大陽に掘覆劼函砲掘
世に汚蓮覆りゅう)無くんばあらず。正氣、時に光を放つ。
乃(すなは)ち大連(おおむらじ)の議に參(さん)し、侃侃(かんかん)として瞿曇(くどん)を排す。
乃(すなは)ち明主の斷を助け、焔々(えんえん)として伽藍(がらん)を焚(や)く。
中、嘗(かつ)て之(これ)を用ふ。宗社(そうしゃ)、磐石(ばんじゃく)安し。
翹、嘗(かつ)て之(これ)を用ひ、妖僧 、肝膽(かんたん)寒し。
忽(たちま)ち龍ノ口(たつのくち)の劍を揮(ふる)ひ、虜使(りょし)、頭足分(わか)る。
忽ち西海の颶(ぐ)を起し、怒濤(どとう)妖氛(えうふん)を殱(つく)す。
志賀、月明(あきらか)なる夜、陽(いつは)りて鳳輦(ほうれん)と 爲(な)りて巡(めぐ)る。
芳野、戰(たたかい)酣(たけなは)なるの日、又、帝子(ていし)に代りて屯(たむろ)す。
或(あるい)は、鎌倉の窟(くつ)に投ぜられ、憂憤、正に愪愪(ゐんゐん)。
或は、櫻井の驛(えき)に伴ひ、遺訓、何ぞ殷勤(いんぎん)なる。(注*2)
或は 天目山に殉(じゅん)し、幽囚、君を忘れず。
或は、伏見の城を守り、一身、萬軍に當(あた)る。
承平、二百歳。斯(こ)の氣、常に伸ぶるを獲(え)たり。
然(しか)れども、其の鬱屈(うっくつ)するに當(あたり)ては、四十七人を生ず。
乃(すなは)ち、知る人亡ぶと 雖(いへど)も、英靈、未(いま)だ嘗(かつ)て泯(ほろ)びず。
長(とこしへ)に天地の間に在り、凛然(りんぜん)として、彜倫(いりん)を敍(じょ)す。
孰(たれ)か能(よ)く之(これ)を扶持(ふち)するものぞ。
卓立する東海の濱(ひん)に、忠誠、皇室を尊び、孝敬、天神に事(つか)ふ。
文を修め、兼ねて武を奮(ふる)ひ、誓つて胡塵(こじん)を罎瓩鵑藩澆后
一朝、天歩(てんほ)艱(なや)み、邦君、身、先(ま)づ淪(りん)す。頑鈍、機を知らず。
罪戻(ざいれい)、孤臣に及ぶ。 孤臣、葛藟(かつるゐ)に困(くる)しむ。
君冤(くんえん)誰に向かひてか陳(の)べん。孤子(こじ)、墳墓に遠(とほざ)かる。
何を以(もっ)て先親(せんしん)に報ぜん。
荏苒(じんぜん)たり二周星。獨(ひと)り、斯(こ)の氣の隨(したが)ふ有り。
嗟(ああ)、予(われ)萬死すと雖(いへど)も、豈(あに)汝(なんぢ)と離るるに忍びんや。
屈伸、天地に付す。生死、又、いづくんぞ疑はん。
生きては當(まさ)に君冤(くんえん)を雪(そそ)ぎ、復(ま)た綱維(こうゐ)を張るを見るべし。
死しては忠義の鬼となり、極天(きょくてん)皇基(こうき)を護(まも)らん。

(原文:『国体の本義精解』昭和15年5月26日・6訂正増補105版/東京図書株式合資会社)
*****************

「現代語訳」(八神邦建訳)

天地に満ちる正大の気は、粋を凝らして神州日本に集まり満ちている。
正気、地に秀でては富士の峰となり、高く大いに幾千年もそびえ立ち、
流れては大海原の水となり、あふれて日本の大八洲をめぐる。
開けば、幾万もの枝に咲く桜の花となり、ほかの草木の及ぶところではない。
正気、凝れば、百度(ひゃくたび)鍛えし日本刀となり、切れ味鋭く兜を断つ。
忠臣いずれもみな勇士。武士ことごとく良き仲間。
神州日本に君臨されるはどなたか。太古のときより天皇を仰ぐ。
天子の御稜威(みいつ)は、東西南北天地すべてにあまねく広がり、
その明らかなる御徳は太陽に等しい。
世の中に栄枯盛衰の絶えることはない。時に正気が光り輝く。
たとえば、欽明帝の御代のこと。物部尾輿(もののべのおこし)、中臣鎌子、
大連(おおむらじ)の議にて、剛直なる正論をもって、
蘇我稲目(そがのいなめ)の惑える仏教を排斥した。
すなわち、英明なる帝の叡慮を助け、蘇我の仏像、海に捨て、
私寺ことごとく焔をあげて焼きつくした。
たとえば、中臣鎌足、正気をおこなう。「乙巳(いっし)の変」(大化の改新)。
蘇我氏の専横、倒して皇室国家を磐石安泰ならしめた。
たとえば、和気清麻呂、正気をおこなう。宇佐八幡の御神託をいただいて、
妖僧「弓削道鏡」、肝を冷やした。
同じく、北条時宗。建治元年(1275年)、降服迫る「元」の使節を虜にし、
相模の国は竜の口にて切り捨てて、捕虜の首と胴を泣き別れにした。
同じく、元寇襲来のとき、正気は玄界灘の猛風を起こし、
怒涛とともに外国軍の異様な気配を滅ぼしつくした。
後醍醐帝の御代のこと。元弘の変(1331年)。倒幕の企て洩れて、
志賀の比叡山に逃れた夜は明るい月夜。
さらに藤原師賢(もろかた)ら、帝の御衣(みけし)を借り、
帝の乗り物にて行幸を偽り、延暦寺へ。帝はその間に笠置の山へ移りたもう。
南朝は吉野城の戦いたけなわなるとき、元弘三年(1333年)、
護良(もりなが)親王の忠臣、村上彦四郎義光(よしてる)、正気を行う。
帝子(大塔宮・護良親王)の身代わりに、落城さなか宮の鎧兜をいただき切腹す。
あるいは、建武新政、護良親王、正気を行う。
足利尊氏の誅殺くわだて、鎌倉は東光寺の土牢に幽閉さる。
深い憂憤、苦悩のうちに弑殺さる。時に二十八歳。
あるいは、楠木正成、正行(まさつら・11歳)父子の桜井の駅の別れのとき。
正成四十三歳、正気を行う。生き延びて最期の一人になるとも帝を護れ、と遺言するは、
なんとねんごろなことか。勝てぬ戦と知りながら、大楠公、湊川にて討ち死にす。
あるいは、天正十年春三月、織田信長に敗れた武田勝頼、天目山にこもりいる。
讒言にて幽閉されていた小宮山内膳正友信、主君の恩を忘れず、これが最期のお供だと、
駆けつけ許され殉死した。
あるいは、天下分け目の関が原、徳川家康が股肱の臣、鳥居彦右衛門元忠、
主君の囮を買って出て伏見の城を守り奮戦。
二千の手勢とわが身をもって、四万の敵に当たって討ち死にする。享年三十三歳。
以来、太平の世は二百年。かくのごとく正気は、常に伸びるを得てきた。
しかし、正気は、その鬱屈するときもあったが、赤穂義士の四十七人を生み出す。
すなわち、当時を知る人々が亡くなっても、英霊たちが滅んだことは、いまだかつてない。
正気、とこしえに天地の間にあって、りりしく普遍の道を現し続ける。
かくのごとき正気を、だれが助けて伸ばせるだろうか。人為でできることではない。
抜きん出て立つ東海の日本の浜辺、忠誠つくして皇室を尊び、
両親を敬うがごとくに、天津神につかえまつる。
学問を修め、さらに武道をきわめ、誓って異国のけがれを払わんと欲す。
ある日、時運、困難となり、水戸藩主・徳川斉昭の身は隠居謹慎を命ぜられて表より消え、
幕府は時機を見るに頑迷にして愚鈍。
藩主の冤罪は、一人残された腹心・東湖に及んで蟄居幽閉の身となった。
東湖、蔦葛(つたかずら)のつるにからまれたごとく苦しみ身動きが取れない。
藩主の冤罪、誰に向かって陳述できようか。
わが身は、江戸の水戸藩下屋敷にあり、先祖の墓のある郷里からも遠ざかっている。
どうやって亡父亡母のご恩に報いることができようか。
いつしか二年の時が過ぎ、幽閉の身に、ただこの正気のみが満ちている。
ああ、わが身は、たとえ死を免れぬとしても、どうして正気よ、おまえと離れることを忍べようか。
わが命の絶えるも伸びるも天地の神におまかせする。生きようと死のうと、疑うことなどできようか。
生きるならば、まさに主君の冤罪を晴らし、
主君のふたたび表舞台で国の秩序を伸張する姿を見るにちがいない。
死しては、忠義の鬼と化し、天地のある限り、天皇の御統治をお護り申し上げよう。
----------------------------------------------------

○補注○

*正気(せいき)とは*

 天地人に宿る根本的な正義と人倫をつかさどる正大な精気。

*注1:藤田東湖(ふじたとうこ)*

 文化三年(1806)生〜安政二年(1855)没。幕末の儒学者で西郷隆盛がもっとも敬愛した尊皇攘夷論者で、その思想の影響を受けた者は多い。西郷、橋本左内、横井小楠らとの交友は有名。父親は、後期の水戸学(尊皇攘夷思想)を確立した儒者・藤田幽谷(ゆうこく)。同志に会澤正志斎がいる。

 東湖は、水戸藩主・徳川斉昭の擁立に奔走し、重臣として藩政改革に着手したが、弘化元年(1844)、斉昭が幕命によって謹慎を申し付けられると、東湖もまた江戸の小梅村(東京都墨田区)にあった藩邸下屋敷(現在・隅田公園内に「正気歌」の石碑あり)に蟄居幽閉の身となった。

 この「正気の歌」は、その三年におよぶ幽閉期間中に、主著『弘道舘記述義』などとともに書かれたもので、南宋末期の支那の志士、文天弔痢崟弓羃痢廚亡鵑擦心岨蹇K詼の志士を鼓舞したのみならず、明治、大正、昭和初期と愛国的な人々に愛唱された。

 のち、斉昭の藩政復帰・幕政参画とともに、東湖も幕政に参加して熱烈な尊攘家として全国的に有名となった。惜しむらくは、安政2年(1855)の安政の大地震に際し、小石川の水戸藩邸内で、老母をかばって圧死したことである。享年50歳。現在、水戸藩邸跡は小石川後楽園となり、その一画に藤田東湖追悼の石碑が建っている。

 なお、この「正気の歌」は、1943(昭和18)年10月21日、東条英機首相による「学徒出陣壮行会の首相訓示」の中にも冒頭部が引用されている。

「学徒出陣壮行会の訓示」
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kunnji.htm


*注2:「桜井の別れ」*

「延元元年五月十六日、楠木正成、都を発ち、五百余騎にて兵庫へくだる。これを限りの合戦と思いければ、その子正行が今年十一歳にて供したりけるを、河内へ返さんとて、桜井の駅にてさとしけるよう、 『獅子は子を産み、三日にて、数千丈の谷に投ず。その子、まことに獅子の気性あれば、はね返りて、死せずといえり。いわんや汝すでに十歳に余りぬ。一言耳にとどまらば、わが教えにたがうことなかれ。今度の合戦、天下の安否と思えば、今生にて汝が顔を見んこと、これを限りと思うなり。正成すでに討ち死にすと聞かば、天下は尊氏がままなるべし。しかりといえども、一旦の身命を助らんために、多年の忠烈を失いて、敵に降ることもあるべからず。一族のうち、一人も生き残りてあらん間は、金剛山のほとりにたてこもり、敵寄せ来たらば、命にかけて忠を全うすべし。これぞ汝が第一の孝行なる』
とて、かたみに菊水の刀を与えて、おのおの東西へ別れけり」

引用「大日本帝国時代の教育」サイトより
http://www.asahi-net.or.jp/~uu3s-situ/00/kokugo.27.html
(このサイトの運営者の方は、批判対象として戦前教科書の内容をコンテンツにしていますが、資料的価値が高いのでご紹介しました)

<桜井の訣別(わかれ):戦前の愛唱歌>
http://www5f.biglobe.ne.jp/~futakoz/versoj/v-senzenkayou/sakurainowakare.htm


TOP PAGE